クリエイティブなワークフロ 分かりやすく、すばやい反応の高い操作性。 <br>Reasonなら、音楽に集中して作業を行えます。

集中力を散漫にさせるテクニカルな介入のない制作環境

Reasonは、まるで楽器を扱うかのような感覚で使えるように設計されています。
画面に表示されている情報がすべての情報で、
画面を切り替えないと表示されないような隠しウィンドウやサブメニューの類は一切ありません。

  • ブラウザ

    サウンドやサンプル、ループやパッチ、制作に必要なデータをすぐに見つけ出せる常駐タイプのブラウザです。

  • ドラッグ&ドロップ

    あらゆるデータやファイルを好きなところへ。シンセリードのパッチをラックにドラッグしてインストゥルメントを新規作成したり、ボーカルのオーディオデータをシーケンサーにドラッグすれば、オーディオトラックの新規作成が、サンプルやループをKongドラムデザイナーのパッドにドラッグすれば

  • ボタン

    Twist knobs, push buttons, move faders – Reason's interface looks and feels like an instrument and seamlessly integrates with your favorite hardware controller.

  • シーケンサー

    Launch Reason and everything is ready to go - no configuration or connections. Hardware MIDI controllers are automatically connected with Easy MIDI Inputs. Sequence tracks with lightning speed using the snap to grid feature. Making music is easier than ever with Multi Lane Editing for MIDI - perfect for building drumbeats on separate lanes or working with melodies and chords.

  • ラック

    Build your rack as you work on your song. Quickly create instruments and effects and simply right-click to route it to a new mix channel. Jump between rack devices and sequencer tracks with the touch of a button. Add, delete, replace and tweak. Your rack is what you want it to be.

  • バックサイド

    Reasonラックを裏返せば、現実のスタジオと同様にデバイス間のパッチングを自由に行えるパネルが表示されます。もちろん、ソフトウェアならではの、手動によるパッチングをせずに自動パッチングのみで作業をすすめることも可能です。

  • イージーかつディープ

    Easy to get started with and as deep as you want it to be – many devices have macro controls for ease of use. If you want, open them up and explore and tweak all the components within. Get started and learn the basics of Reason with the new quick-start Tutorial Area.

  • CV

    もっとディープで実験的な音作りの世界を楽しみたい。Reasonの各デバイスにはコントロールボルテージ(CV)端子が装備され、自由にパッチングを行えます。使い方はまさにアイディア次第です!

Reasonだからできるサンプリング

Live Sampling in Reason 2:04

Reasonのサンプラーは、再生だけでなくサンプリングも可能です。サンプリングしたい音源をサンプラーのサンプリングインプットに接続すれば、準備完了です。マイクやターンテーブル、楽器、あるいはReasonのミックス全体をサンプリングすることも可能です。

Reasonでのサンプリングはシンプルでストレート。サンプルボタンを押すだけで開始できる分りやすさです。実際のサンプリングは入力信号を自動的に感知してスタートします。もちろんReasonのシーケンサーが演奏中でもサンプリングは行えます。つまり、音楽を止める必要がないのです。

必要に応じて、内蔵のサンプルエディターを呼び出してスタート、エンドの各ポイントやループポイントなどを調整することもできます。このエディターは、サンプリングしたサンプルだけでなく、ロードしたサンプルでも使用できます。

リアルタイムに行えるサンプリングに加えて、サンプリングしたサンプルのピッチを検出したり、キーボード上の音域へのマッピングなども自動で行えますので、楽器音のサンプル作成も極めて簡単に行なえます。これにより、NN-XTNN-19で使用できるマルチサンプル仕様のオリジナル・サンプルインストゥルメントを作成することができます。