レコーディング&シーケンシング Spend less time clicking and more time creating. Immediate and intuitive, Reason's rock solid audio and MIDI sequencer gives you total control.

Record, edit, arrange. Simply connect your MIDI controller and start making music—no setup required. Capture MIDI performances and automation, record and overdub audio, or draw in notes with the mouse. Whatever suits your workflow, Reason's sequencer is fast, flexible and fun. Any mistakes can easily be corrected, adjusted or quickly spliced together from multiple takes. Keeping with Reason’s famous ease of use, Reason's sequencer still comes with all the editing features you need. If your playing is too tight—use the ReGroove Groove Mixer to add more human feel.

ノートデータ、オートメーションなど、すべてのシーケンサーデータはスライスさせたり、移動さたりといった編集が可能なクリップとして管理されます。クリップを元の場所から別の場所へ移動させると、そのクリップに関連したすべてのデータが更新され、編集によるトラブルはまったくありません。まさに安全かつスピーディなシーケンシングを行えます。様々な制作スタイルに対応できるReasonのシーケンサーを使えば、音楽制作のスピードを一気に加速できます。

Multi Lane Editing for MIDI

Arranging MIDI tracks is easier than ever with Multi Lane Editing. Perfect for building drumbeats on separate lanes or working with melodies and chords, Multi Lane Editing lets you view and edit multiple MIDI lanes simultaneously. The new snap to grid feature allows you to sequence tracks with lightning speed using an adaptive grid that adjusts based on your zoom level. Zoom out to adjust the big picture or zoom in to fine-tune the tiniest of details.

Pitch Edit

Sometimes a singer will completely nail the emotion and energy in a performance, but slip on a few notes. And other times singers will need more general help with staying in key. Reason’s Pitch Edit can quickly correct the pitch in a vocal recording and gives you detailed control over pitch, time and articulations in the performance. Pitch Edit is of course also a creative tool. Beyond just using it for correcting pitch, you can also use it to build harmonies, doubling up the vocals or create completely new performances. And the best of all: It sounds good. Really, really good!

オートメーション

Every thinkable knob, button or fader can be automated with ease, and then edited and fine-tuned in the sequencer. Simply draw in your automation—volume curves, filter sweeps, whatever you want—or press record and every button click, fader move and knob tweak in the rack will be recorded in the sequencer in separate clips.

ブロック

ブロックは、楽曲をパターンベースで制作できる機能です。この機能を使えば、楽曲の構成がパズルのピースのようになり、それらをレイアウトしていくことで楽曲をアレンジしたり、組みたたていくことができます。

まずはブロックモードで、曲の各セクションを作ります。ソングを組み立てる準備ができましたら、ソングモードに切り替え、ブロック専用のパターンレーンでブロックを順番に書き込みます。あるブロックはAメロ、別のブロックはサビなど、複数のブロックを組み合わせたり、ひとつの8小節のループだけを中心に曲を構成するなど、自由自在に作曲できます。

ブロックは曲をすばやく構成できる便利な機能ですが、それだけではありません。ベーシックな構成ができましたら、ブロック内の個々のパートをミュートしたり、別のパートを付け加えたりすることで、ブロックのバリエーションを作り出すことができるのです。

Block presentation video 2:39

コンプエディター

完璧なテイクは、最初から最後まで完璧にプレイするよりも早く仕上がるかも知れません。Reasonのコンプエディターを使えば、それが簡単に実現できます。シーケンサーをループモードにして、複数のテイクをレコーディングし、ベストプレイだけをつまんで完璧なテイクに仕上げることができます。操作は、使いたいテイクを選び、使わないテイクをミュートするだけです。コンプエディターを抜けて結果を聴いてみれば、OKテイクの完成です。

Comp Editor Micro Tutorial 2:28

タイムストレッチ

Reason独自の伝説的な非破壊方式のタイムストレッチにより、レコーディングを先に済ませてから後でテンポを決めることも可能です。Reasonのタイムとテンポに対するコンセプトはユニークなもので、テンポをリアルタイムに変更してもすべてのオーディオトラックはそのままピッタリとテンポの変更に合わせてプレイ出来るのです。しかも事前に何の処理も要りません。トリッキーな速弾きを録るためにテンポを落としたい?問題ありません。テンポを落としてからレコーディングし、また元のテンポに戻すだけです。音質ですか?それが驚異的なんです。

Reason automatically slices recordings and imported audio into single notes or hits. Quantize an audio take. Tweak your timing to perfection, or to drastically change the recording. The sliced up audio can also be converted to REX files for playback and further sound designing treatment in Reason’s Dr. Octo Rex Loop Player, Reason's samplers, or the Kong Drum Designer.

Time Stretch Micro Tutorial 3:41

Reasonラックにもシーケンサーが

If you are into 70's style modular synths, or if you simply like to play around with an analog style sequencer that can control virtually anything in the rack, take a close look at the Matrix Pattern Sequencer. Matrix is an analog style sequencer useful for anything from monophonic melodies and arpeggios to modulation of your instruments and effects and advanced rhythmical gating. Hook up the Matrix to a Subtractor and draw some notes for quick, acid-style synth basslines. Connect the Matrix's Curve output to the Subtractor filter and you've got predictable, looped automation synced with the tempo of your song. Easy, fast and lots of fun.